WiMAXルーターのバッテリー

WiMAXルーター、節電機能付きで長く使える

デザリングよりも長く持つ

 

WiMAXは数ある通信規格の一つで、従来の3G回線の数十倍の速度を出すことが出来る新しい通信規格として採用されました。現在はLTEのほうがユーザーが多いですが、使い方によってはLTEよりもお得かつ快適な環境を送ることが出来ます。WiMAXを利用する方法は色々ありますが、複数の機器を同時にインターネットに接続したい時にはWiMAXルーターを利用するのがオススメです。WiMAXルーターと同じように複数の機器を接続できるデザリングと呼ばれる機能がスマホにはありますが、こちらはバッテリーの消費が激しくルーターのほうがデザリングよりも長く使えます。

 

連続でネットに接続

 

WiMAX専用のルーターは複数の機器との接続のために利用されていますが、ただ単に複数の機器をネットに接続するだけではなく、長時間ネットに接続するためにも利用できます。WiMAXルーターのバッテリーはスマートフォン単体でネットに接続するよりも消費電力が少なく、最大では8時間以上ネットに接続し続けていても十分バッテリー残量が残っているといいます。仮に8時間を越えなかったとしても7時間以上は使い続けることが出来るといわれているので、長時間連続でネットに接続したいという方も満足できます。

 

節電機能でさらに長期間使える

 

WiMAXルーターには単純に複数の携帯端末をネットに接続できるだけでなく、より長くネット環境を維持するための機能も多く盛り込まれています。そうした機能の一つが節電スリープ機能で、長時間利用していない状態だと必要最低限の電力供給だけ行えるようになっているので、いざという時にバッテリー不足になってしまうといったトラブルを防ぐことが出来ます。