WiMAX向きのネットの使い方

WiMAX向いているのはこんな使い方

自宅でのんびり使う

 

WiMAXは新しい通信規格のひとつとして開発されたUQコミュニケーションズの独自規格で、LTEに比べて料金が安いなどの利点があることで知られています。携帯端末の通信規格を選ぶ際は自分のスマートフォンなどの使い方が購入する商品と一致しているものを選ぶと快適に使うことが出来ますが、WiMAXの場合は自宅でのんびりネットをするという方に向いています。WiMAXは移動中や建物が多い場所では回線の調子が悪くなりやすいので、自宅でのんびりネットを利用するという方はWiMAXのほうがお得でしょう。

 

大容量のデータはやり取りしない

 

WiMAXは大容量のデータのやり取りをしないという方にもオススメです。LTEは大容量のやり取りが出来るので、高画質な動画を視聴したり、多くのアプリをダウンロードしたりといった使い方に向いています。その反面WiMAXは大容量のデータのやり取りがそれほど得意ではないので、どちらかというとちょっとしたサイトを毎日チェックする程度にしかネットを利用しないという方に向いています。一応大容量のデータのやり取りも行えますが、回線が不安定になる等の不具合も出やすいので注意が必要です。

 

複数の端末がある

 

WiMAXは複数の端末を同時に使いたいという方にもオススメです。例えば個人用の端末としてスマートフォンを使い、家族共用の機器としてタブレットを利用するといった具合に自宅で複数の端末を利用するといった具合に、考え次第で色々な使い方を編み出すことが出来ます。複数の端末を利用する際はただ単に通信プランに契約するだけでなく、デザリング機能を持ったWiMAX対応スマホやWiMAXルーターを導入する必要があるので、WiMAXを利用したい時はそれらも一緒に導入しましょう