WiMAX2+の3日で3GB制限の訳。

WiMAX2+の3日で3GB制限にはヘビーユーザーの存在が・・・。

インターネットを利用する人が増えてきたこともあり、WiMAXの人気も高くなってきました。
しかし実際に利用している人の中には、その速度制限について悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
LTEは割高でさらに7GB制限があるため、通信量制限のないWiMAX2+に人気が集まりました。
しかし3日間3GBの通信量制限が出てきたので、その状況も一変しました。

 

■3日で3GB制限

 

携帯電話やスマートフォンの利用者も増えていますが、月額通信量も割高になっています。
携帯電話やスマートフォンでLTE代に毎月1万円程度支払うよりも、WiMAX2+に乗り換えるほうがお得感がありました。
しかし今年の5月よりWiMAX2+でも、3日間で3GB制限されるようになりました。
これは直近の3日間3GBの通信量制限が3GBを超えると、通信制限が課せられるものです。
この制限によって、今まで動画視聴やオンラインゲーム中心に行っていたヘビーユーザーたちからの反発も増えてきました。
通常の使い方であれば、3日で3GB以上の通信量を使うことはそうありません。
しかしその中には多くの通信を行う人もいるのです。

 

■ヘビーユーザーの影響があります

 

WiiMAX2+で3日で3GB制限を設けた経緯は分かりませんが、一説では前述のようなヘビーユーザーの存在も影響しています。
ヘビーユーザーであれば、あっという間に3GBを使いきってしまうでしょう。
このタイミングで3GB制限を行うには、何かしらの理由があります。
その中の一つにヘビーユーザーの存在があるのです。
WiMAX2+へ乗り換えるユーザーの増加や、ヘビートユーザーが増えたことが大きく影響しているようです。
ここ最近ネットユーザーの数も急増しています。
これにより、通信量も限界に来ていることも考えられます。