WiMAX 端末による通信速度の違い

WiMAXの端末による通信速度の違いはあるのか?

携帯に便利、かつ回線速度が速いことで人気のあるWiMAX、そこに魅力を感じている人も多いのではないでしょうか。
また最近は新サービスであるWiMAX2+を利用する人も増えてきました。
WiMAX2+はさらにスピードが速いので、快適にインターネットが利用できます。
しかしWiMAXを利用している人の中には、端末によるスピードの違いに違和感を持っている人もます。

 

■様々な原因が考えられます

 

WiMAX機器の種類もいろいろと出ていますので、各自様々な機種を利用してインターネットを利用しています。
しかしその中には、端末ごとのスピードの差に違和感を覚えている人もいるようです。
確かに端末によるスピードの差は出てきますが、そこには様々な原因が考えられますまので今一度再確認してみてください。

 

まず使い過ぎによる速度制限も大きな理由になります。
WiMAXを利用している人の中で、「ギガ放題」を利用している人は注意してください。
「ギガ放題」プランの速度については月間無制限ですが、完全に無制限ということではないのです。
全プラン共通で、3日で合計3GB使うと速度制限がかかります。
また7GB通常プランのみ、月合計7GB使用すれば速度制限がかかります。
さらにau 4G LTEのみ、ギガ放題プランでも月合計7GB使用すると速度制限がかります。

 

そしてサービスエリアについても注意してください。
最近はWiMAXの通信エリアも全国に拡張してきていますが、地域によってはまだサービス対象外のところもあります。
そのためサービス対象外の地域では、電波が届きづらくなります。
さらにWiMAXルーターの置く場所によってもスピードが違ってきますので、今一度確認してみてください。