WiMAXの今後は、どのようになるのか

WiMAX2+が登場しますます今後が期待される

今回はWiMAXの今後についてのコラムです。一般の方でも広くWiMAXという言葉が広まっていますが、実はこのWiMAXもいずれはサービスを停止し、WiMAX2へと移行するのです。さて、そのWiMAX2ですが、なんと2013年10月末よりスタートするのです。

 

WiMAX2が、今後のWiMAX回線のスタンダードとなっていくわけですが、通常のWiMAXと比べて何が違うのでしょうか。まず、速度が違います。今現在のWiMAXの理論値は、下りが40メガほどです。下りというのは、ダウンロード速度の事です。

 

例えば、インターネット上から落としたいファイルがある時、下り速度があればあるほど、ダウンロードが速いというわけです。WiMAXの40メガというのは、あくまでも理論値であり、実際の速度は10メガ程度と言われています。

 

ご家庭によっては、1メガから5メガ程です。ちなみに光回線は現在、1ギガが主流です。少し前までは100メガ程度でした。WiMAXの理論値は40メガですので、光回線に比べればとんでもなく遅いというわけですが、実際の体感ではあまり変わりません。

 

つまり、理論値40メガの現行WiMAXであっても、普段のインターネットライフには何の問題もないのですが、2013年10月末よりWiMAX2が開始されます。サービス直後は、下り110メガという少し前の光回線の速度と、ほとんど同じです。

 

しかし、2017年には驚きの下り1ギガになるのです。これは、現行の光回線速度に匹敵します。つまり、モバイル回線でありながら、いつでもどこでも光回線の速度を出せるという、物凄い快適な未来が待っています。

 

回線速度を追い求める方は是非、WiMAX2の契約をしてみてくださいね。